• ホーム
  • まつ毛の毛周期は頭髪よりも短いので2ヶ月で効果が実感できる可能性がある

まつ毛の毛周期は頭髪よりも短いので2ヶ月で効果が実感できる可能性がある

2020年02月21日
きれいな目元

まつ毛育毛は比較的効果を実感しやすく、短期間で変化を感じる人も多くいます。これは毛周期の短さが関係しており、2ヶ月ほどで効果を確認できる可能性もあるでしょう。毛周期というのは成長期と退行期、休止期で構成されるサイクルですが、発毛と脱毛を繰り返しながら体毛を維持しています。部位によって期間は違い、頭髪ですと2~6年ほどで1サイクルとなるところ、まつ毛の場合は2~3ヶ月ほどでサイクルを終えます。髪の毛の寿命と比較をすると圧倒的に短いことから、短期間で育毛効果を感じることができるのです。特に目元は長さの確認をしやすい部位であることも関係し、日々の成長を実感する人も多いのでしょう。ただし、まつ毛の成長を実感できるかどうかは、適切な育毛を行えているかによって左右されますし、育毛を阻害する原因があるとかえって成長を遅くしてしまうこともあるのです。

適切な育毛を行うためのコツとしては、まつ毛育毛剤をきちんと根本から塗布することです。毛そのものに塗布を行っても、有効成分が上手く作用しませんので効果が半減します。根本に塗り付け、そこから浸透をさせることで効果が発揮されるため、根本を中心に塗布していくようにしましょう。ちなみに量を沢山付けても意味はありません。適量を付けること、そして習慣として続けていくことが何よりも大切です。

使用するタイミングにおいても心掛けたいことがあり、できるだけ寝る前の使用を心掛けてみるようにしましょう。まつ毛は眠っている時に成長が促進されるため、育毛剤の塗布もそれに合わせて行うことで効果が発揮されやすくなるはずです。日中の塗布ですとメイクによって浸透が阻害されたり、擦ってしまい取れたりすることもあるため、じっくりと浸透させやすい就寝前のタイミングが最適です。

まつ毛への負担を掛けることがないよう、扱いに気を配ることも心掛けてみましょう。例えばクレンジングの時に目元を強く擦る、つけまつ毛を日常的に使っている、過剰なアイメイクをすることが多いなど、こうした何気ない行為が目元に対して負担を掛けます。そもそもまつ毛は弱く抜けやすいデリケートな毛でもあり、負担を掛けてしまうと成長を阻害させます。まつ毛への負担を考慮しながら優しくケアを行ってこそ、育毛効果も実感しやすくなるというものですので、育毛剤の使用ばかりに注力せず、負担になり得る要素を積極的に排除していくことも心掛けましょう。