• ホーム
  • シミ用飲み薬の選び方!副作用が少なく継続的な服用が可能な第3類医薬品がオススメ

シミ用飲み薬の選び方!副作用が少なく継続的な服用が可能な第3類医薬品がオススメ

2020年05月16日

シミ対策の方法と言えばスキンケアが代表的ですが、より効果的な対策を行うためにも飲み薬を用いてみるのも良いかもしれません。スキンケアで外からシミの目立ちを抑えると共に、内側からも同時に働き掛けることによって、スムーズに透明感のある肌を取り戻しやすくなるはずです。

飲み薬には種類があるために選び方が大事ですが、中でも取り入れやすいのは第3類医薬品です。医薬品の分類にはその他にも、第1類や第2類といった種類もある中、比較的リスクが低いとされているのが第3類の魅力でしょう。リスクの高い物ほど効果にも期待をすることができるものの、対策は継続性が大切なことから、体への負担になり得る物を安易に選択するのは注意が必要です。第3類医薬品なら健康を害してしまうリスクが低いことから、気軽に導入できる存在と言えるでしょう。

買い求めやすいのも第3類医薬品の特徴です。薬局やドラッグストアでも陳列がされていますので手に取って見ることができ、ネット通販でも購入することができます。親しみやすく容易に入手をできる医薬品の魅力であって、シミ対策初心者にとってもハードルは低めです。

第3類に分類されるシミ対策用の医薬品には、種類があるために工夫のある選び方も大切ですが、選択のポイントのひとつは配合成分に着目することです。シミ消し用の飲み薬は主に、ビタミンCやビタミンE、Lシステインなどの成分で構成されており、いずれも肌に透明感をもたらす効果を備えていることで注目されています。ただ、各製品によって主軸にする成分に違いも見られるため、それぞれの配合成分の相違と効果の違いを踏まえながら、自身に適した物を選択するようにしましょう。

できるだけ続けやすい物を選ぶのもポイントです。飲み薬は効果を実感するまでに時間が掛かる傾向があり、また、一度シミが薄くなった後も飲み続けなければいけないことが多いです。基本的には長く続けることになるシミ対策ですので、あまり経済的負担になってしまう物は推奨されません。同じ医薬品でもお店によって価格が違っていたり、ネット通販ですと安く買えたりすることもあるため、比較をしながら少ない負担で続けられそうな物を見付け出しましょう。

なお、シミ用飲み薬を使っていても、普段のスキンケアが手抜きだったりシミ予防が不十分だったりするようでは効果も半減します。多角的に対策を講じていくことが大切ですので、薬だけに頼らず普段のお手入れや予防にも万全の対策を講じるよう心掛けましょう。